dima
  • 砂漠のガラスの温室

    2011 年 「第18 回 空間デザインコンペティション 提案部門」 提案コンペティション 応募作品 第18 回の課題は「サステイナブルな新世代のガラス空間」。 砂漠の砂がガラスの原料である珪砂を含むことから、砂漠の砂でガラスブロックを作り海水温室を建てることで砂漠の緑化を提案した。 建築材料が全て地産で賄うことができ、温室をつくることで砂漠で農作物が栽培可能になる。 また海水温室は作物に必要な量より水分を作ることが可能なので温室の周りに撒くことで緑化を図ることができる。 ガラスブロックの生成方法は砂を熱するという古代のガラスと同じ方法であり海水温室の仕組みは砂漠に棲む虫からヒントを得られたものだ。 ハイテクによって解析され、ローテクによって構築することがこれからの建築の方向の一つなのかも知れない。