駆けるミドリ、蒸気を纏う。(2007)



2007 年 「かわさき臨海部デザインコンペ」 実施コンペティション 優秀賞 受賞作品

公募テーマ「川崎市千鳥( ちどり)・夜光( やこう) 地区における火力発電所の蒸気を連携各社で利用する省エネルギー事業(NEDOエネルギー使用合理化事業者支援事業)」により川崎市川崎区千鳥町に敷設される蒸気供給配管について、川崎臨海部のアメニティおよび魅力の向上に寄与する配管表層部のデザインまたは配管を活用したアイディアの募集。
火力発電所の発電に使用された蒸気を近隣工場で最利用する省エネルギー事業で設置される蒸気配管の実施デザインコンペ。
蒸気配管は膨張伸縮の関係上、上下にループしている形状である。
募集要項では配管にシートを貼ってその中でのグラフィックデザインが求められていた。しかし表面上のデザインでこの工業地帯のアメニティの向上ができるとは想像できなかったため、思い切って条件を乗り越えた提案を考えた。
蒸気配管を緑化パネルで覆い、ところどころに「窓」と「アーチ」を設けた。「窓」は鳥たちの水浴び場、「アーチ」は人々のベンチとして機能する。
そしてこの壁の最大の特徴は「蒸気」を発散することである。決められたスケジュールで、内部の蒸気供給管に設けられた弁が開放され、壁は霧に包まれたような様相を見せる。このことは植物に水分を与えるほかイベント性を兼ね備えることによって市民の関心を引き、結果この蒸気供給管の理解を深めてもらうきっかけとなる。

環境問題に人々が直面する中本当に必要なのは不安をあおる情報ではなく、この「ミドリの壁」のようなラディカルなアプローチである。
このプロジェクトが人々の地球の明日を考えるきっかけになれば幸いである。


Leave a Comment